びわこ大橋米プラザ(滋賀県大津市)


  琵琶湖大橋のたもとにオープンした、琵琶湖大橋利用者のための駅(実際には、琵琶湖大橋を通らなくても道の駅に入れます)。施設自体も楽しめ、琵琶湖大橋も眺められるという、いい駅である。
  まず、施設の方から。この辺りの特産物は、近江米。琵琶湖東岸には一面の水田が広がっている。施設も、「米プラザ」というからには、米が主役。駅舎内には「米の博物館」があり、無料で見学できる。日本の稲作の歴史から近江米の紹介まで、様々な展示がある。また、休憩所内には琵琶湖に棲息する生物を紹介する展示もある。
  外に出れば、駅舎の北側に琵琶湖大橋が望める(写真上から2枚目)。琵琶湖大橋は中央部分が高くなった造りになっている。橋下を航行する船舶に配慮したのだろうか。どうせなら、「鳥人間コンテスト」の人力飛行機も通れるくらいにしてくれればよかったのに。……無理だな。なお、写真は道の駅の敷地内の芝生上から撮影しているが、湖岸まで降りていくこともできる。
  写真上から3枚目は、琵琶湖遊覧船乗り場。道の駅の直営ではないと思われるが、敷地内に入口がある。私は乗っていないのでどのような遊覧船なのか分からないが、時間があるのなら乗ってみる手もある。この日は全然客がいなかったようで、受付のおじさんが大きな声で鼻歌を歌っていた(^^;
  一番下の写真は、おまけ。これは、琵琶湖大橋上で撮影したもの。琵琶湖大橋は片側2車線と広く、通行車両はあまり多くないので、撮影も割と楽。先に述べたように、琵琶湖大橋は中央部分が高くなっているので、橋面に起伏がある。そのため、中央部分を越えて下り坂になると、左右両側に琵琶湖の湖面が見える。写真では分かりにくいかもしれないが。
  それから、片側2車線の道路では道の駅に右折では入りにくいというケースもあるのだが、この駅は入口が立体(IC形式)になっているので、スムーズに入れる。これはありがたい造りだね。












戻ります。