かつやま(山梨県勝山村)

  ごめんなさい、写真がありません。今度行ったときにでも撮影してきます。

  富士五湖の中でも、山中湖と並んで観光開発が進んでいる、河口湖。観光施設と自然がほどよく調和し、首都圏在住者の保養地として連日賑わっている。しかし、河口湖の場合、賑やかなのは東半分だけで、西側へ行けばまだまだ静謐な部分も多く残っている。道の駅があるのも、「静かなエリア」の方だ。
  この駅は、施設自体には特に記すようなものはない。普通に物産館があり、普通に道路情報コーナーがある。にもかかわらず、いつも多くのツーリング愛好家達で賑わっている。駅舎の屋上を利用した展望テラスが目的なのだ。
  ここからは、我々のイメージとはひと味違う河口湖の姿を望むことができる。湖面にはボートの一隻もなく、ただ柔らかなさざ波を打つのみ。湖面の色も、周囲の山々を反映して、緑がかっている。湖の手前に芝生の園地があるのだが、これがまたいいコントラストを演出している。木立を抜ける風も心地よく、この景色を眺めるためだけにここを訪れてもいいと思うくらいである。
  ただし、すぐ背後に小高い山が迫っているので、富士五湖名物の“逆さ富士”は、湖の場所からでは見えないようである。