大谷海岸(宮城県本吉町)


    国道45号沿いにある【大谷海岸】は、日本一海水浴場に
  近い駅として有名である。そして、日本一海水浴場に近いJR
  駅の大谷海岸駅と一体になっている。道の駅に入り、通路を
  進んでいくとそのままプラットホームに出られる。ワンマン列車
  区間なので、改札などはない。
    一方、2階からペデストリアンデッキで線路を越えていくと、
  すぐに海水浴場に出られる。その間、僅かに30秒である。した
  がって、【大谷海岸】には海水浴客の姿も多く、夏場は一日中
  混雑している。水着姿の人たちが駅の中をウロウロしていると
  いうのも、どことなく異様な光景である。
    【大谷海岸】には、もう一つ名物がある。それは、「マンボウ
                         水族館」。本吉沖には頻繁にマンボウが出没し、名物料理にま
  でなっている。余談を挟むが、私は気仙沼でマンボウを食べて
  みた(湯がいて、酢味噌で和えたもの)のだが、ナタデココを少
  し固くしたような触感で、思いのほか淡泊な味だった。ここ大谷
  海岸では、生きたマンボウと出会える。入場は無料という大盤
  振る舞いである。
    下の写真(JR大谷海岸駅のホーム)を見ても分かるように、
  完全にマンボウがトレードマークになっている。これほどまでに
  主張力のある駅は珍しいだろう。全国でも三本の指に入るほど
  の、おすすめの駅である。