笹川流れ(新潟県山北町)


    “民宿”発祥の地でもあるという、新潟県山北町には、笹川
  流れという有名な景勝地がある。砂浜と断崖が連続した海岸
  で、特に遊覧船から眺めると見事なまでの“サンドイッチ海岸”
  を眺めることができる。また、海岸沿いの国道345号を走って
  いるだけでも、岩場をくりぬいたトンネルと砂浜海岸の連続は飽
  きがこない。
    道の駅は、遊覧船乗り場から南へ5kmほどのところにある。
  JR羽越本線の桑川駅と一体化している駅だ。写真のように、
  道の駅駐車場のすぐ裏を列車が駆け抜けるので、多くの鉄道
  ファンがカメラを構える場所でもある。
    笹川流れは、その奇天烈な光景だけでなく、夕日の美しさ
                         でも有名である。遙か日本海沖には粟島が寝そべり、その脇
  に落ちていく夕日は得も言われぬ美光を発する。もちろん、道
  の駅も夕日を大きくクローズアップしている。駅舎内にはサンセ
  ットブリッジ、サンセット展望台など、夕日を眺めるための施設
  が用意されている。また、サンセットギャラリーには夕日の写真
  がたくさん展示してあり、悪天候や時間の都合で夕日が見られ
  なかった人にも、その雰囲気が感じられるように作られている。
    レストランのメニューも一風変わっている。夕日定食、夕日
  丼、夕日ラーメンなど、名前からは想像もつかないようなメニュ
  ーがある。
    海水浴場に近いこともあって、夏場にはシャワーも利用でき
  る。あらゆるタイプの人のニーズに応えており、かつ独自性を存分に発揮している駅である、と言えるだ
  ろう。
    なお、下の写真は、遊覧船上から見た笹川流れである。本当はもう少し遠景の方が魅力がよく伝わ
  ると思うのだが、まともに写っていたのがこれしかなかった……。