瀬戸大橋記念公園(香川県坂出市)


    近年の巨大吊り橋ブームの火付け役となったのが、198
  8年に開通した瀬戸大橋。全長10kmほどの吊り橋は、途中
  細かく分かれているため、記録的には世界10位に甘んじてい
  る(南備讃瀬戸大橋。1100m)が、見た目の迫力は他のどの
  橋にも負けない。唯一の鉄道・自動車道併用橋でもあり、元祖
  本四道路の威厳はまだまだ衰えてはいない。
    道の駅【瀬戸大橋記念公園】は、その南備讃瀬戸大橋の
  麓に開設された。ここはとにかく広い駅(データによると、敷地
  面積は10.2ヘクタール)で、隅から隅まで見学しようとすると、
  半日は悠にかかってしまう。道の駅本来の存在意義からはや
  や逸脱した観光地色が濃くなっている。まあ、瀬戸大橋自体が

                         観光地のようなものなので、これはいたしかたないことか。具体
  的に主な施設を挙げると、噴水のある散策路(トンネルや滝があって面白い)、
  和風のミニ庭園、遍路ギャラリー(88霊場巡りの情報を得られる)、展望ラウ
  ンジなどのビュースポットがたくさんある駅舎。ここまでが無料ゾーン。
    有料ゾーンは、駅舎内にある瀬戸大橋記念館(300円)と瀬戸大橋タワー
  (写真下、800円)。私が行ったときには、まだ時間的に開館前で、どちらも入
  ることができなかったのだが、特にタワーの方は眺めがよさそうだった。地上
  132mの展望台からは、360度ぐるりの眺望が楽しめることだろう。
    展望台に上がらなくても、写真(上)のように迫力ある光景は望める。特に、
  電車が通る(電車はトラスが組んである部分を走る)時には、ものすごい轟音
  が響くので、圧巻だ。
    なお、敷地が広いため、駐車場(あちこちにある)から駅舎まではだいぶ
  歩かなければならない。しかし、トイレは各駐車場の付近に設けられているの
  で、そう不自由することはないだろう。