潮見坂(静岡県湖西市)
  国道1号潮見バイパスの北側にある道の駅【潮見坂】は、物産館等の営業時間外に訪れても楽しめる駅だ。施設自体はさほど大規模ではないのだが、ピリリとスパイスの効いた要素をたくさん併せ持っている。
  まず第一に、立地だ。潮見バイパスは砂浜の海岸に沿って走っているため、この駅も海のすぐ近くに立地している。駐車場や物産館のテラスなどから、広大な太平洋を眺めることができる。また、駐車場から歩道が海岸まで続いていて、気軽に砂浜散策を楽しめるようになっている。
  第二に、無料の足湯(写真中)。物産館脇にあり、10〜16時に利用可。ちょっと時間が短いのが残念。ちなみに、お湯は天然温泉ではない。ただ、足湯もまた海側を向いていて、浸かりながら大海原に眺め入ることができる。
  そして極めつけに、ダチョウとふれあえるコーナーがある(写真下)。屋外で飼育されているので、基本的に24時間いつでも会いに行ける。人をあまり怖がらないようで、私が近づくとむしろ興味深げに近寄ってくる。つつかれそうで怖いくらい。実際、手を差し入れるとつつかれるらしい。ダチョウは全部で4羽(オス2・メス2)飼育されており、羽が黒いのがオス、グレーなのがメス。見分け方は簡単だ。
  ダチョウ飼育舎は駅本屋から少し離れている。駐車場を出て、海岸へ出る道を1分ほど歩いていくと、右側にある。ダチョウがいるということを知らないで【潮見坂】を訪れると、見落としてしまいかねない。目立つ看板のひとつでも出しておけばいいのに……。






戻ります。