しもつま(茨城県下妻市)

    田園地帯のど真ん中にできた、まだ新しい駅。国道
  294号は交通量が多いので、駐車場が広く、特に大型
  車のスペースを広くとってある。そして、レストランや物
  産館なども、比較的遅くまで営業している。
    茨城県といえば、とにかく納豆なしでは語れない。本
  家本元の水戸からはずいぶん離れているが、下妻市も
  納豆を強くアピールしている。中でも、【しもつま】では納
  豆をただ売っているだけでなく、製造工場も見学できるの
  だ。工場見学タイプの駅も多くなってきたが、茨城=納豆
  の絆が特別深いだけに、これは印象に残る。
    写真は、上が納豆製造工場。夜だったこともあって稼
                         働はしていなかったし
、バックの掲示板がガラスに映って
  しまっているのだが、昼間なら作業風景も見学できる。
    下の写真は、物産館内の納豆コーナー。10種ほど
  の納豆が所狭しと並んでいる。これらはすべて、ここの工
  場で生産されたものだ。
    私は、大粒納豆の3個パック(写真右下、150円)を
  買ってみた。味の方は、東京で食べる納豆とさほど変わ
  らない(東京で食べる納豆も茨城県産のものが多い)が、
  粒の大きさには脱帽。東京ではこれほどの大粒納豆はほ
  とんど見かけない。
    なお、【しもつま】にはこの他、そば打ち体験道場もあ
  る。街の魅力がぎっしり詰まった駅だと言えるだろう。